Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メルマガ誤送信でアドレス107件を流出 - ビクターのオンラインショップ

ビクター エンタテインメントは、4月27日、同社が運営するオンラインショップ「Vemall」のメールマガジンを配信した際、誤って顧客のアドレス107件が表示された状態で送信したと発表した。

誤送信が発生したのは、同オンラインショップが発行しているメールマガジン。誤操作により「TO」に宛先を入力して送信したため、顧客のアドレス107件が閲覧できる状態で送られた。アドレス以外の個人情報は含まれないとしている。

誤送信の判明後、関連する顧客へメールを送り、謝罪するとともに誤送信メールの削除を依頼した。同社では、同報メールを送る際には専用のツールを使用するよう徹底するとしている。

(Security NEXT - 2007/05/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

政府、行政機関のLINE利用でガイドライン
鹿児島銀のネットバンク装うフィッシング攻撃 - 乱数表も詐取
政府18機関でLINEを業務利用 - 11機関で機密情報も
都、都内中小企業のセキュ対策経費に助成金 - VPNも対象
「Firefox」にセキュリティ更新 - Android版のみ影響する深刻な脆弱性も
「Samba」にサービス拒否や共有ファイルを削除される脆弱性
VPN製品「Pulse Connect Secure」にアップデート - ゼロデイ脆弱性など修正
セキュリティリリース「PHP 7.4.18」「同7.3.28」が公開
金融機関向けASPサービスに不正アクセス - トレードワークス
「BIND 9」に3件の脆弱性 - RCEやDoS攻撃のおそれ