Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

四国電力、委託先の下請業者が顧客情報387件含む携帯端末を紛失

四国電力は、4月10日にメーターの取替工事などを委託している四電工の下請業者において、顧客情報387件を含む携帯端末の紛失が判明したと発表した。

所在が不明となっているのは、電力量メーター工事用の携帯端末機2台。顧客387名分の氏名、住所、引込電柱番号、メーター指示数など個人情報が記録されていた。いずれの端末も徳島県東みよし町にある下請業者の事務所内でなくなっており、判明後、同社では警察へ盗難被害を届け出たという。

また四国電力では、委託先から紛失の連絡を受け、該当する顧客を個別に訪問して説明と謝罪をした。

(Security NEXT - 2007/04/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Windows向け「Zscaler Client Connector」に権限昇格の脆弱性
メール誤送信、セミナー参加者のメアド流出 - 佐賀県
クラウド設定不備で個人情報に外部アクセス - イオン銀
「Firefox 86」が公開、Cookie対策強化 - 脆弱性12件を修正
複数病院の患者情報含むPCを紛失 - 千葉県
小売電気事業者向けにセキュ対策ガイドライン - 経産省
不正アクセスでデータ消去されるも情報流出の痕跡見つからず - 阪大
学内宿泊施設予約システムに不正アクセス、利用者情報が流出か - 阪大
顧客情報流出でサクソバンク証券をけん責処分 - 日証協
複数ペットフード販売サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出