Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

誤って提出者氏名を含んだ状態で意見書を公開 - 国土交通省

国土交通省へ寄せられたダム建設に関連する意見書が、個人情報が記載された状態でインターネット上に誤って公開されたことがわかった。

誤って公開したのは、同省四国地方整備局山鳥坂ダム工事事務所が2006年12月から今年1月にかけてパブリックコメントを実施した山鳥坂ダムの環境影響評価準備書の意見書。取りまとめた意見を3月19日よりインターネット上で公開を開始したが、3月30日に職員が個人情報が閲覧されているのを発見したという。

問題があったファイルはPDF形式のファイルで、しおり部分に個人情報を含んでいた。原因は、原稿の時点でファイル名を提出者にしていたためで、業務委託事業者でPDFファイルへ変換した際に53名の氏名がファイル内にしおりとして保存されたという。

同事務所のウェブページへのアクセスについては、ファイル公開後に306回が記録されているが、問題となったファイルへのアクセス件数などは不明。同事務所では、問題となった氏名部分を削除。また、対象となる53名に謝罪状を送付した。

また同省四国地方整備局では、他の事務所についても同様の問題が発生していないか緊急に調査を実施するよう指示した。

(Security NEXT - 2007/04/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

LINE問題でZHD特別委員会が最終報告書 - 「ユーザー目線での横と縦のガバナンス」を
Sophos製のセカンドオピニオン用マルウェア駆除ソフトに脆弱性
ジュニパー、10月の月例更新で脆弱性71件に対処 - 深刻な脆弱性も
「エックスサーバー」装うフィッシング - 「利用制限」「契約解除」と不安煽る
BCCのメールアドレスをメール本文にも貼り付けるミス - 東京都中央卸売市場
サーバがランサム被害、取引先情報など流出 - コックフーズ
マルウェア対策やアクセス制御などモバイル向けソリューションを展開 - Jamf
「FFRI yarai」に新版、ログの収集機能を強化 - FFRI
「Apache Tomcat」にサービス拒否の脆弱性 - 10月初旬の更新で修正済み
工事影響で通信障害、復旧後もアクセス増で影響長引く - ドコモ