Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東大病院の元医師が患者情報50件を紛失 - 自販機で買い物した隙に盗難

東京大学医学部附属病院は、元非常勤医師が2月28日に同院の患者情報50件を紛失したと発表した。

同院の元医師は、USBメモリ内に同院患者の個人情報を保存し持ち歩いていたが、現在の勤め先からの帰宅途中、自動販売機で買い物をした隙に盗まれたという。同医師は、すでに2006年秋ごろ退職しており、現在都内の病院勤務に勤務している。

保存されていた個人情報は、2003年7月から2006年6月までに診療した患者情報50件で、氏名、ID、性別、生年月日、診療日、手術名、病名、電話番号、担当医師名といった個人情報が含まれる。同医師は事件後、警察へ被害届けを提出。同院では、関係する患者へ謝罪した。

同院では、日ごろから氏名やIDなど個人を特定できる情報の持ち出しを禁止していた。現在、外部へ持ち出すデータの自動暗号化ソフトの導入を進めているという。

(Security NEXT - 2007/03/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NECの複数ルータ製品に脆弱性 - アップデートがリリース
メール誤送信でファンクラブ会員のメアド流出 - 奈良クラブ
問合返信メールに個人情報を誤添付 - FX事業者
2020年4Qのインシデントは1割減 - マルウェアサイトは倍増
2020年4Qの脆弱性届け出は303件 - ソフト、サイトともに増
キャンペーン登録者の個人情報が閲覧できる状態に - カゴメ
従業員が顧客情報を悪用、カードローンに申込 - DeNA
カスペ、APT攻撃や制御システムの脅威情報サービス - 個別調査も対応
2020年4Qの脆弱性登録は1423件 - 前年同期の3分の1
セキュ運用連携サービスで蓄積したデータを研究用に提供 - NII