Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

従業員のPCから顧客情報152件がWinny流出 - イタリアンレストラン

イタリア料理店「パッパーレ」の従業員が私用パソコンに保存してあった利用客の個人情報がWinnyを介してネット上に流出したことがわかった。

同店を運営するコーフクによれば、流出データは、2005年7月から2006年8月の間に同店の会員カードを申し込んだ140名分の氏名、住所、電話番号、職業、生年月日などの顧客情報で、2006年11月から2007年1月の間に同店で宴会を予約した12名分の氏名、住所、電話番号、会社名なども含まれる。

従業員が個人のパソコンに顧客情報を保有していたが、2月19日にWinnyを介して流出していたことが判明。同社では該当する顧客に対し報告と謝罪している。また従業員など関係者に対して処分を実施するとしている。

(Security NEXT - 2007/02/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

中学校でメール誤送信、保護者のメアド流出 - つくばみらい市
サイト改ざんでクレカ情報流出の可能性 - スケートボード専門店
AWS向けFWマネージドサービスの国内展開を開始 - パロアルト
メール訓練のノウハウをまとめた手引書を公開 - NCA
学生の個人情報がネット上で閲覧可能に、委託事業者の不備で - 徳島大
マルウェア感染、9分後に遮断するも情報流出の疑い - 小学館集英社プロ
Apple、macOSやiOSのアップデートを公開 - ゼロデイ脆弱性2件を修正
入学選抜情報をクラウド上に保存、複数生徒がアクセス - 都立高校
記事執筆者の口座情報をメールで誤送信 - 日本ITU協会
「ICTサイバーセキュリティ総合対策2022」を公開 - 総務省