Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

従業員のPCから顧客情報152件がWinny流出 - イタリアンレストラン

イタリア料理店「パッパーレ」の従業員が私用パソコンに保存してあった利用客の個人情報がWinnyを介してネット上に流出したことがわかった。

同店を運営するコーフクによれば、流出データは、2005年7月から2006年8月の間に同店の会員カードを申し込んだ140名分の氏名、住所、電話番号、職業、生年月日などの顧客情報で、2006年11月から2007年1月の間に同店で宴会を予約した12名分の氏名、住所、電話番号、会社名なども含まれる。

従業員が個人のパソコンに顧客情報を保有していたが、2月19日にWinnyを介して流出していたことが判明。同社では該当する顧客に対し報告と謝罪している。また従業員など関係者に対して処分を実施するとしている。

(Security NEXT - 2007/02/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

複数ペットフード販売サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
秘密計算技術で研究会、安全性基準など検討 - NECら
メール誤送信、就職イベント参加者のメアド流出 - 和歌山市
消費者庁が「サポート詐欺」に注意喚起 - MSロゴなど悪用
「Emotet」感染後の対応、「駆除」だけでは不十分
SonicWall、VPN製品向けに追加アップデート - すぐに更新を
「テレワークセキュリティガイドライン」に改定案 - パブコメ実施
「Salesforce」ベースの自治体向けサービスで設定不備 - 71団体が導入
セキュリティ運用ソフト「LogStare Collector」に新版
「ノートン360」の上位製品に個人情報流出の通知機能