Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

巣鴨信金の伝票1万2000件が所在不明に - 誤廃棄か

巣鴨信用金庫は、顧客情報が記載された1万2076枚の伝票が所在不明であることを発表した。

所在がわからなくなっている伝票は、同庫田柄支店が2004年6月に取り扱ったもので、推定1万2076枚が含まれるという。問題の伝票には氏名や住所、生年月日や口座番号、取り引き金額などが記載されたと見られている。

同庫では、保存期間が終了した書類と誤って溶解処分した可能性が高いと結論付けている。同庫では他書類の紛失についても調査したが、今回発覚分以外の紛失がないことを確認したとしている。

(Security NEXT - 2006/12/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「オムニEC」への不正アクセスで情報流出の可能性 - ホームセンター通販サイト
ドレス通販サイトに不正アクセス - クレカやログイン情報流出の可能性
識別子などユーザー関連情報がGitHub経由で流出 - LINE Pay
ZohoのUEM製品に深刻な脆弱性、すでに悪用も - 侵害状況の確認を
4割強「コロナ禍でネットのトラブル増えた」
スイーツ通販サイトに不正アクセス、ゼロデイ脆弱性の発見から被害に気づく
ウェブサーバに脆弱性を突く不正アクセス - ロイヤルホームセンター
事件関係者の提出文書を紛失、審査に影響なし - 公取委
委託元に無関係の顧客情報を誤送信、非表示状態でファイル内に - 三菱UFJニコス
「Zoho ManageEngine ServiceDesk Plus」にあらたな脆弱性が判明