Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

住商情報、データベースの脆弱性を調査する新サービス

住商情報システムは、「データベースセキュリティ検査サービス」「インシデント・レスポンスサービス」の提供を開始した。

両サービスは、従来個別に対応していたサービスをメニュー化したもの。「データベースセキュリティ検査サービス」では、バグや不正アクセス、なりすましといったデータベースの脆弱性をチェックするサービス。ツールや専門家によるマニュアル検査により、ユーザ権限やアクセス制御、監査設定などを検査し、対策方法や緊急度などを報告する。

「インシデント・レスポンスサービス」は、事故発生後の対策や原因分析を提供するサービス。初動対応サービスでは、対応プランを作成するほか、ログの解析により犯行手法を分析する不正アクセス解析サービスなどを提供する。

(Security NEXT - 2006/12/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

高校生向けセミナーの申込フォームで設定ミス - 岩手県立大
6月のフィッシング、URL件数が過去最多を更新
障害はWindows端末の1%未満、重要サービスでの利用多く影響拡大
「OpenVPN」に「OVPNX脆弱性」 - 3月の更新で修正済み
CrowdStrikeによる障害、約850万台に影響 - あらたな復旧方法も準備中
「CrowdStrike」装う「フィッシング」や「偽修復ツール」に警戒を
先週注目された記事(2024年7月14日〜2024年7月20日)
あらたな脅威へ対応する設定ファイルが原因に - CrowdStrike障害
Windows端末の障害問題に便乗するサイバー攻撃が発生中
CrowdStrike、Windows環境での不具合で声明 - 復旧方法も紹介