Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

住商情報、データベースの脆弱性を調査する新サービス

住商情報システムは、「データベースセキュリティ検査サービス」「インシデント・レスポンスサービス」の提供を開始した。

両サービスは、従来個別に対応していたサービスをメニュー化したもの。「データベースセキュリティ検査サービス」では、バグや不正アクセス、なりすましといったデータベースの脆弱性をチェックするサービス。ツールや専門家によるマニュアル検査により、ユーザ権限やアクセス制御、監査設定などを検査し、対策方法や緊急度などを報告する。

「インシデント・レスポンスサービス」は、事故発生後の対策や原因分析を提供するサービス。初動対応サービスでは、対応プランを作成するほか、ログの解析により犯行手法を分析する不正アクセス解析サービスなどを提供する。

(Security NEXT - 2006/12/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

SAP、5月の月例セキュリティパッチをリリース
JSSECとSIOTP、6月にオンラインフォーラムを開催
「Mirai」国内感染ホスト、約半数がロジテック製ルータ
2021年1Qにダークネットで1187億パケットを観測 - NICT
欧州5拠点で同時多発的なランサム被害 - 東芝テック
メガネブランド「Zoff」のインターメスティックがランサム被害
「PHPMailer」に深刻な脆弱性 - 過去修正済みの脆弱性が再発
パスワード管理製品のmacOS版をリリース - カスペ
ファイル共有サービス「クリプト便」に「PCI DSS」対応オプション
CSCとグローム、医療業界向けセキュリティサービスで提携