Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

企業規模にかかわらず約9割が導入済み - ウイルス対策ソフト

ウイルスソフトの導入率が従業員規模にかかわらず、約90%に達していることがIDC Japanの調査によりわかった。

IDC Japanがセキュリティソフトウェアの市場予測をまとめたもの。従業員規模などにかかわらず、ウイルスソフトの導入状況は高い値を示し、90%を越えていることがわかったという。

ウイルス対策ソフト、フィルタリングソフト、スパム対策ソフトなど、外部コンテンツにおける脅威を防止する「セキュアコンテンツ管理ソフトウェア市場」について、内部統制などへの需要拡大を背景に、今後も堅調な伸びが見込まれるという。

2006年の市場規模は682億円、2005年から14.3%の伸びを見込んでおり、同社では2005年から2010年の年間平均成長率を11%と予測している。

(Security NEXT - 2006/11/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ランサム攻撃受けた国内企業の約3割が身代金払う - 平均1.23億円
健診情報含む個人情報の紛失事故2件を公表 - 大阪府
懇親会名簿をタクシーに置き忘れ紛失、事務所の鍵も - 新潟県
電子お薬手帳サービス「おくすり手帳Link」で一時障害
クラファン支援者の個人情報が閲覧可能に - 関東大学バレーボール連盟
過去宛先不明の住所に口座番号変更通知書を送付、所在不明に - 中央労働金庫
NETGEAR製スイッチの管理画面にCSRFの脆弱性
県サイトに就農者の個人情報を誤掲載 - 岐阜県
都が中小企業セキュ対策であらたな支援事業 - 試験的に機器設置、インシデント対応もサポート
「JetBrains ToolBox」に深刻な脆弱性 - 開発者とNVDでわかれる評価