Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

オリコ、委託先の廃棄PCから顧客情報が流出

オリエントコーポレーションは、業務委託先が廃棄したパソコンに残存していた顧客情報365件の流出が判明したと発表した。

流出したのは、クレジット債権などに関わる顧客の個人情報365件。氏名、住所、電話番号などが含まれる。業務委託先であるオリファサービス債権回収へ分割吸収されたオリファサービスの従業員が、2004年10月にパソコンを廃棄した際、ハードディスク内のデータ消去が不完全で、残存していた顧客情報が流出したと見られている。

同社では、対象となる顧客を特定して説明と謝罪をしている。今後は委託先と連携して対策を講じ、再発防止に取り組むとしている。

(Security NEXT - 2006/09/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

デジタル署名検証ガイドラインを公開 - JNSA
調剤済み処方箋や調剤録が所在不明 - 松戸市の調剤薬局
「Chrome 90」が公開、37件のセキュリティ修正 - 前回更新からわずか1日で
顧客情報を外部送信、表計算ファイルで別シートの存在気付かず - 横浜銀
米政府、サイバー攻撃など理由にロシアへ制裁 - SolarWinds侵害も正式に認定
改ざんで「偽reCAPTCHA」表示、外部サイトへ誘導 - ゲーム情報サイト
白泉社でサイト改ざん、悪意ある外部サイトへ誘導
Interop Tokyo、セキュリティ部門で4製品がアワードを受賞
「サイバーセキュリティお助け隊サービス制度」がスタート - まずは5社から
生保が契約法人向けに標的型攻撃メール訓練サービスを展開