Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTコム、顧客情報を含む業務ファイルがWinny流出

NTTコミュニケーションズは、顧客情報48件を含む業務用データがWinnyネットワーク上に流出したと発表した。

流出していたのは、同社社員および販売業務委託先の元社員が作成した業務用データ。法人顧客の会社名と担当者氏名48件が含まれていた。一部には会社所在地、連絡先電話番号、メールアドレスなども含まれるという。

同社では該当する顧客に対し、個別に説明と謝罪をしている。同社では、ファイル交換ソフトを従来より使用禁止にしていたが、今回の事件が発生した。同社では再度、徹底を図りたいとしている。

(Security NEXT - 2006/09/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Oracle、四半期定例パッチをリリース - のべ390件の脆弱性を修正
ランサムウェア「Cring」、脆弱VPN機器を標的 - 制御システムが停止する被害も
VPN製品「Pulse Connect Secure」にゼロデイ攻撃 - アップデートは5月上旬
「Chrome 90.0.4430.85」が公開、複数脆弱性を修正 - すでに悪用コードも
「SonicWall Email Security」にゼロデイ攻撃 - 修正プログラムがリリース
米政府、「Pulse Connect Secure」のゼロデイ脆弱性対応で緊急指令
「Interop Tokyo」の「ShowNet」解説イベント、4月22日にオンライン開催
自動車への攻撃手法など学ぶトレーニングサービス - NDIAS
都内中小企業のセキュリティ対策支援事業を実施 - 東京都
「デジタルリテラシー協議会」設立 - スキルフレームワークを公開