Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DTI、顧客情報を含むメールを保存した携帯電話を紛失

ドリーム・トレイン・インターネットは、同社従業員が顧客情報を保存した携帯電話を盗まれたと発表した。

今回の事故は、都内の路上において同社従業員が携帯電話を鞄ごと置き引きにあったもの。携帯電話には、転送した業務用メールが保存されており、氏名や住所、電話番号、メールアドレス、契約情報など23件の個人顧客の情報が含まれていた。また、44件の取引先情報が保存されていた。

同社によれば、携帯電話の利用や閲覧にはパスワードが必要だという。また同社では、関係者へ個別に事情を説明し、謝罪するとしている。

(Security NEXT - 2006/07/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「MS Edge」がゼロデイ脆弱性を解消 - 前版ベースに急遽対応
「Dropbox Sign」の侵害、登録セキスペ向け演習の受講者にも影響
外部アプリより利用する「OpenSSL」の一部関数にDoS脆弱性
ゲームイベントサイトに攻撃、出展者の掲載画像が消失
アンティーク雑貨通販サイトに不正アクセス - ジョイフル本田
ランサムウェア「Black Basta」に注意 - 500超の組織で被害、医療機関も
「Chrome」にアップデート - 今月3度目のゼロデイ脆弱性修正
Aruba製アクセスポイントに深刻な脆弱性 - アップデートを
悪用脆弱性リストにMS月例パッチで報告された2件を追加 - 米当局
「Cisco Crosswork NSO」など複数製品の脆弱性に対応 - Cisco