Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

会計ソフトのユーザー情報約16万件が流出 - 弥生

ライブドアの子会社で会計ソフト販売を手がける弥生は、同社の会計ソフト「弥生」シリーズのユーザー16万4304名分の顧客情報が流出していたと発表した。

流出が確認されたのは、2005年11月から2006年1月までに同社の業務ソフト「弥生会計」、「弥生給与」、「弥生販売」のバージョンアップキャンペーン情報を文書で受け取った16万4304名分の顧客情報。ユーザー登録名義、登録住所、登録電話番号、担当者名などが含まれていた。同社によれば、流出したデータはすでに回収済みだという。

同社では該当する顧客に対し書面で謝罪するとともに、流出の原因や経緯などを調査してホームページ上で随時報告するとしている。

(Security NEXT - 2006/07/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Mozilla、ブラウザの最新版「Firefox 126」を公開
Zoom、セキュリティアドバイザリ2件を公開 - 最新版へ更新を
5月のMS月例パッチが公開 - 複数のゼロデイ脆弱性を修正
「MS Edge」のアップデートが公開 - スクリプトエンジンのゼロデイ脆弱性を解消
Adobe、複数製品にアップデートを公開 - 8製品に「クリティカル」脆弱性
Fortinetの「FortiOS」に複数脆弱性 - 重要度は「中」
「Adobe Acrobat/Reader」にアップデート - 脆弱性12件を修正
「VMware Workstation」「同Fusion」に脆弱性 - 「クリティカル」も
Apple、「iOS 17.5」などスマートデバイス向けにアップデートを公開
セガ子会社のメールアカウントの侵害、 あらたに3件判明