Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

FAX誤送信で顧客情報23件が流出 - NTT東日本

NTT東日本は、工事注文書を誤って別の第三者にファックス送信し、記載されていた顧客情報23件を流出したと発表した。

今回の誤送付事故は、神奈川支店において発生したもの。誤送信した注文書には、個人の顧客7件と法人顧客16件の顧客情報が記載されており、電話契約者名、住所、電話番号などが含まれていた。

判明後、誤送信先に謝罪し、書類はすべて回収した。流出の対象となった顧客に対しても、個別に説明と謝罪をしているという。

(Security NEXT - 2006/07/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

CrowdStrike、「Microsoft Defender」との併用製品を投入 - 「破格の料金」と自信
MS 365アカウントに不正アクセス、個人情報流出の可能性 - セガ子会社
セガ子会社のメールアカウントの侵害、 あらたに3件判明
「macOS」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正した。
米当局、「Chromium」の脆弱性悪用に警鐘 - 派生ブラウザでも注意を
前回から4日、「Chrome」に再度アップデート - 今回もゼロデイ脆弱性を修正
Apple、「iOS 17.5」などスマートデバイス向けにアップデートを公開
シンポジウム案内メール誤送信、メアド流出 - 会津若松市
「Triton Inference Server」や「ChatRTX」の脆弱性を修正 - NVIDIA
チーム医療の書類を一時紛失、駅ビルで拾得 - 横市大付属病院