Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ShaCa for OCN」に不具合が発生し顧客情報流出

オークションサイト「ShaCa for OCN」の一部利用者情報が7月4日に流出し、同サイトを運営しているヒューマンエージェントでは、同サイトの提供を中止した。

同サイトの接続システムに不具合が発生し、ログイン時に関係ない他会員の個人情報が表示されてしまったもの。流出したのは、14名分の個人情報で、名前、住所、連絡先電話番号、入札済情報などが含まれる。また、同社では他の101件についても流出の危険があったとしている。

同社では発覚後、同サイトの新規会員の登録の停止やデータベースへの接続などを中止。さらに7月7日に、サービス再開は不可能として同サイトでのサービスそのものを停止した。

同社では、流出した顧客へ謝罪のメールを送付した。他ISPのサービスや携帯向けサービスでは同様の不具合はなかったことを確認したという。

(Security NEXT - 2006/07/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

約3割が過去3年間にサイバー攻撃の被害経験 - ランサムは3.8%
サーバ運用監視ソフト「Cacti」にアップデート - 複数脆弱性を修正
「Chrome」に今月4件目のゼロデイ脆弱性 - 悪用を確認
「IBM Security Guardium」に複数脆弱性 - パッチの適用を
NetflixのOSS「Genie」に脆弱性 - アップデートを提供
ドコモメールになりすまし警告機能 - 「DMARC」未導入も対象
セミナー開催の案内メールで誤送信 - 川崎市産業振興財団
「Ivanti」の5製品に脆弱性 - 修正パッチがリリース
ATMの取引情報を記録した光ディスクを誤廃棄 - 北星信金
NAS向けにアップデートを公開、脆弱性5件を修正 - QNAP