Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

沖縄電力、取引先社員の個人情報入りPHSが盗まれる

沖縄電力は、7月8日に社員の鞄が盗難に遭い、取引会社社員および同社社員の個人情報計39件が記録された業務用PHSが盗まれたと公表した。

盗難に遭ったPHSには、取引先社員6名の氏名および携帯電話番号が記録されていた。また、同社社員33名の氏名およびPHS番号も含まれていた。盗難判明後ただちに周辺を捜索したが見つからず、被害届を提出している。

同社では該当する関係者に対して、事実報告と謝罪をした。今後は個人情報の厳重管理を再徹底して、再発防止に取り組むとしている。

(Security NEXT - 2006/07/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスペ、APT攻撃や制御システムの脅威情報サービス - 個別調査も対応
2020年4Qの脆弱性登録は1423件 - 前年同期の3分の1
セキュ運用連携サービスで蓄積したデータを研究用に提供 - NII
Pepperl+FuchsやComtrolの制御機器に脆弱性 - ファームウェアの更新を
事務所移転時に健診予約者情報含むPCを紛失
ルータなどで広く利用されるDNSに脆弱性「DNSpooq」が判明
「Chrome 88.0.4324.96」で36件のセキュ修正 - 深刻な脆弱性も
ATM7カ所で取引内容を記録したメディアが所在不明 - 島根銀
柿安本店の公式通販サイトに不正アクセス
「Emotet」相談、引き続き高い水準 - 偽脅迫メールは増加