Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウイルスが変態する可能性まで分析し抗体を作るセキュリティソフト

コアグリットは、ウイルス対策ソフト「Com Police」を8月1日より発売する。当初はダウンロード販売を実施し、年間利用料は4100円(更新契約料は3500円)。パッケージ販売も9月以降に予定している。

同製品は、スパイウェアやウイルスなどを検知、駆除するソフトウェア。メール受信やブラウザなどの外部アクセスをリアルタイムで監視。不正アクセスを行うウイルスを発見した場合は、隔離した上で変態の可能性を分析し、ウイルスの抗体を生成するという。

また、他のセキュリティソフトの共存が可能。ファイル検査機能では、圧縮ファイルや実行中のファイルの検査にも対応している。

(Security NEXT - 2006/07/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Exchange Server」にゼロデイ攻撃 - アップデートは準備中、緩和策の実施を
問合フォームより入力された顧客情報が閲覧可能に - 休暇のプランニングサービス
電子マネー「BitCash」の利用者狙うフィッシング - 「残高凍結」と不安煽る
「FFmpeg」に脆弱性、悪意あるmp4ファイルでコード実行のおそれ
ネットバンク不正送金被害が8月下旬より急増 - わずか2カ月で上半期上回る勢い
特定条件で他利用者の個人情報が閲覧可能に - トレカ通販サイト
教諭が試験問題を生徒に漏洩 - 金沢市の私立中
OLAP対応データストアの「Apache Pinot」に脆弱性
IPA、ビジネスメール詐欺対策の特設ページを開設 - 啓発チラシなども用意
診療情報を記録したデジカメを紛失 - さいたま市民医療センター