Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウイルスが変態する可能性まで分析し抗体を作るセキュリティソフト

コアグリットは、ウイルス対策ソフト「Com Police」を8月1日より発売する。当初はダウンロード販売を実施し、年間利用料は4100円(更新契約料は3500円)。パッケージ販売も9月以降に予定している。

同製品は、スパイウェアやウイルスなどを検知、駆除するソフトウェア。メール受信やブラウザなどの外部アクセスをリアルタイムで監視。不正アクセスを行うウイルスを発見した場合は、隔離した上で変態の可能性を分析し、ウイルスの抗体を生成するという。

また、他のセキュリティソフトの共存が可能。ファイル検査機能では、圧縮ファイルや実行中のファイルの検査にも対応している。

(Security NEXT - 2006/07/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Firefox」にセキュリティ更新 - Android版のみ影響する深刻な脆弱性も
「Samba」にサービス拒否や共有ファイルを削除される脆弱性
VPN製品「Pulse Connect Secure」にアップデート - ゼロデイ脆弱性など修正
セキュリティリリース「PHP 7.4.18」「同7.3.28」が公開
金融機関向けASPサービスに不正アクセス - トレードワークス
「BIND 9」に3件の脆弱性 - RCEやDoS攻撃のおそれ
重要インフラ事業者へランサムウェアについて注意喚起 - NISC
2021年1Qの標的型攻撃メール報告は13件 - 「Emotet」関連報告は収束へ
日産証券のオンライン取引システムで障害 - ランサム感染か
QNAPのバックアップソリューション「HBS 3」に深刻な脆弱性