Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

事務所荒らしでノートPC3台などを盗まれる - 業務請負事業者

業務請負や人材派遣などを展開している高木工業は、4月23日から翌未明にかけ、山口県内にある同社中国事業部中関営業所が事務所荒らしの被害に遭い、個人情報が保存されたノートPC3台やUSBメモリなどを盗まれたと発表した。

担当者名や連絡先といった取引先のデータ3803社分が含まれていた。また、氏名や性別、住所、履歴などを含む募集応募者リスト3136名分、社会保険データ636名分のほか、健康診断管理表や派遣契約書、雇用保険、労働保険といった情報も含まれる。

同社では、警察へ被害届けを提出。個別に謝罪を行っているという。

(Security NEXT - 2006/06/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「個人情報を考える週間」がスタート - 啓発活動を展開
macOSの既知脆弱性「CVE-2024-27842」に実証コード
実際に確認された巧妙な「ビジネスメール詐欺」 - IPAが事例集
「macOS」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正
Synology製監視カメラのファームウェアにサービス拒否の脆弱性
「Ruby」のXMLパーサーライブラリにDoS攻撃受けるおそれ
図書館向け資料検索システム「VuFind」に複数の脆弱性
学童保育施設でメール誤送信、抽選結果に別人氏名 - 鎌倉市
TP-Linkの監視カメラやネットワーク設定用アプリに脆弱性
「Apache Flink」の既知脆弱性を狙った攻撃に注意