Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

事務所荒らしでノートPC3台などを盗まれる - 業務請負事業者

業務請負や人材派遣などを展開している高木工業は、4月23日から翌未明にかけ、山口県内にある同社中国事業部中関営業所が事務所荒らしの被害に遭い、個人情報が保存されたノートPC3台やUSBメモリなどを盗まれたと発表した。

担当者名や連絡先といった取引先のデータ3803社分が含まれていた。また、氏名や性別、住所、履歴などを含む募集応募者リスト3136名分、社会保険データ636名分のほか、健康診断管理表や派遣契約書、雇用保険、労働保険といった情報も含まれる。

同社では、警察へ被害届けを提出。個別に謝罪を行っているという。

(Security NEXT - 2006/06/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Chrome、前回リリースから3日で再度アップデート - 3件のセキュリティ修正
CSIRTの業務支援サービスを開始、フォレンジック調査も - MIND
統計調査員が調査関係書類を紛失 - 加古川市
「JAPANSecuritySummit 2022」、10月24日よりオンデマンドで開催
バッファロー29製品に脆弱性、「FREESPOT」機器も - アップデートの実施を
「Apache Tomcat」に情報漏洩の脆弱性 - 4月のアップデートで修正済み
2022年2Qのクレカ番号盗用被害、はじめて100億円を突破
「WhatsApp」に深刻な脆弱性 - ビデオ通話でコード実行のおそれ
「JPAAWG 5th General Meeting」、11月にハイブリッド開催
ダークウェブで個人情報流出を確認 - ダイナムJHD