Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

あらゆる磁気メディアに対応するデータ消去サービス - ユニテックス

ユニテックスは、デジタルやアナログ両方に対応する磁気記録メディア消去サービス「イレース・サービス」の提供を開始する。

同サービスは、コンピュータ・テープやディスク、またビデオテープなどのアナログデータまで、あらゆる磁気記録メディアのデータを消去するもの。消去方法は、フォーマットを維持したままデータのみを消去するソフト消去と、強力な磁気によりメディアごとデータを消去するハード消去があり、目的に応じて選択が可能。消去時にデータ消去証明書」の発行も行うという。

送付されたメディアを同社の施設で消去する「請負サービス」のほか、外部に出せないメディアを顧客の元で消去する「出張サービス」も用意。また、レンタルした機器を使って消去作業を顧客自身が行うこともできる。価格は個別見積もりとなっている。

(Security NEXT - 2006/06/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サーバやパソコンにサイバー攻撃 - JR西日本関連会社
ネットバンク不正送金被害が8月下旬より急増 - わずか2カ月で上半期上回る勢い
ネットバンクの不正送金被害が激増 - 前年同期の約40倍に
スルガ銀のフィッシングに注意う- 本人確認を求める手口
SIA、「ファクトチェックセンター」を設置 - 真偽検証して情報配信
複数テナント管理やSBOM読込に対応した脆弱性管理ツール
WAFルールセット「OWASP CRS」に深刻な脆弱性 - 「ModSecurity」とあわせて更新を
モジュール型WAF「ModSecurity」がアップデート - セキュリティ上の複数問題へ対処
「GMOクリック証券」を装ったフィッシングに注意
「Security Days Fall 2022」を10月にリアル開催 - 配信なし