Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネット上の違法・有害情報を受け付けるホットラインを開設 - インターネット協会

インターネット協会は、ネット上の違法、有害情報を一般ユーザーから受け付ける「インターネット・ホットラインセンター」の運用を開始した。パソコンや携帯電話から通報できる。

同センターでは、一般ユーザーからネット上の違法、有害情報に関する情報提供を受け付け、より効果的な対応策を実施。匿名での通報でも受け付ける。

通報された内容は、複数の弁護士によって違法情報か有害情報であるかの判断が下される。その結果に基づいて、警察や関係機関への通報、あるいはプロバイダや電子掲示板の管理者への送信防止措置依頼などを行う。

また海外が発信元の違法情報については、海外のホットラインセンターを通じての削除依頼を検討するなど、国際的な連携も視野に入れているという。

(Security NEXT - 2006/06/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「WhatsApp」に深刻な脆弱性 - ビデオ通話でコード実行のおそれ
「JPAAWG 5th General Meeting」、11月にハイブリッド開催
ダークウェブで個人情報流出を確認 - ダイナムJHD
金融庁を名乗るフィッシング - 「法令でカードの認証が必要」とだます手口
最新技術が詰まったInteropの「ShowNet」を解説するオンラインイベント
アクセ通販サイトでクレカ情報流出の可能性 - 再開時は旧顧客リストを使用せず
Zohoのアクセス管理製品にあらたな脆弱性 - 6月判明の脆弱性はすでに攻撃対象
メール送信時に講演会申込者のメアドが流出 - 佐伯市
労働力調査の対象世帯リストを一時紛失 - 奈良県
「サイバーセキュリティ」認知度5割届かず - 3割弱が対策未実施