Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

防衛庁長官からのメール、実は「なりすまし」 - 防衛庁が注意喚起

送信者を防衛庁長官や航空自衛隊と装った「なりすましメール」が発生し、防衛庁では不審なメールを受信した場合には開かないよう注意を呼びかけている。

同庁によると、メールのタイトルは「第16駆逐戦隊の3週間」となっており、本文には「こんにちは。第16駆逐戦隊の3週間を付属のファイルに見てください」と書かれているという。また、「第16駆逐戦隊の3週間.exe」というファイルが添付されている。調査の結果、これらのメールが同庁から送信された履歴はなかった。

同庁では、心当たりのない不審なメールを受信した場合には、ただちに破棄するよう求めている。また安全性確認のため、航空自衛隊への問い合わせ返信用のメールアドレスによる送信を一時停止するとしている。

(Security NEXT - 2006/05/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「EC-CUBE」の無償診断サービスが緊急脆弱性に対応 - 痕跡調査も
ジオコードの企業サイトが改ざん被害 - 顧客情報流出は否定
配送伝票に他人の氏名、作業工程でデータにずれ - B.LEAGUE
「Citrix Workspace App」に権限昇格の脆弱性 - アップデートを公開
Adobe、13製品向けにセキュリティアップデートを公開
「Adobe Experience Manager」に深刻な脆弱性
「Adobe Experience Manager」に6件の脆弱性 - 修正版が公開
eコマースプラットフォーム「Magento」にセキュリティアップデート
「Adobe Acrobat/Reader」に14件の脆弱性、アップデートが公開 - すでにゼロデイ攻撃も
MS、5月の月例パッチで脆弱性55件を修正 - 3件が公開済み