Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本テレコム、ISPサービスで迷惑メール対策を強化

日本テレコムは、同社インターネット接続サービスにおいて迷惑メール対策サービスを強化する。

25番ポートの利用を制限する「Outbound Port 25 Blocking」を6月より導入するもの。対象は、個人向けISPサービス「ODN」「JENS SpinNet」および法人向けインターネットサービス「ULTINAインターネットアクセス」の一部サービス。

また、「サブミッションポート」についても合わせて提供する。

(Security NEXT - 2006/05/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「個人情報保護ガイドライン」のパブコメ結果で個人情報が流出
「VMware Workstation」「VMware Horizon Client」にサービス拒否の脆弱性
UTMにオンサイト対応を付帯した中小企業向けサービス - CSP
オーガニック食品の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
パーソナルデータ、4割弱が利用目的に関わらず「提供したくない」
イー・ガーディアンと日本サイバーディフェンスが業務提携
機密文書の廃棄サービス、テレワーク環境にも対応 - ヤマト運輸
2021年の上場関連企業の個人情報事故は137件 - TSRまとめ
保育士のキャリアアップ研修事業でメール誤送信 - 埼玉県
元従業員の売却HDD内に業務文書、データ複製の連鎖で - ラック