Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報入りのメモリカードを紛失 - 益田市水道部

益田市は、3月3日に、水道部の委託検針員が、顧客情報387件が記録された検針用の携帯端末用メモリカードを紛失したと発表した。

紛失したのは、水道使用量の検針の際に使用する携帯端末用メモリカードで、水道利用者の氏名、水栓所在地、使用者番号などの顧客情報387件が記録されていた。同カード内のデータはすべて暗号化されているため、専用の端末以外で読み取ることは困難だという。

同市では、該当する顧客に対し個別に事実説明と謝罪をしている。今後は、検針用端末にパスワードを設定するなど、個人情報保護を強化する予定。

(Security NEXT - 2006/03/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

クラウド設定不備による情報流出は発生せず - freee
中学校で遠足指導中に生徒名簿を紛失 - 横浜市
メール送信ミスで歯科医師のメアド流出 - 科研製薬
1月のフィッシングサイト、前年同月の倍に - 6割弱が偽ECサイト
テレビ通販サイトに不正アクセス - 関西テレビ関連会社
送信先顧客リストをメールに誤添付 - NTTデータ数理システム
セキュリティ分野の総務大臣奨励賞、登大遊氏ら受賞
JSAC 2021の「ベストスピーカー賞」が選出 - 講演動画も公開中
ウイルス届け出、前年比73.4%増 - 「Emotet」など被害も
偽取引アプリなどで暗号資産を窃取 - 北朝鮮関与か