Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報入りのメモリカードを紛失 - 益田市水道部

益田市は、3月3日に、水道部の委託検針員が、顧客情報387件が記録された検針用の携帯端末用メモリカードを紛失したと発表した。

紛失したのは、水道使用量の検針の際に使用する携帯端末用メモリカードで、水道利用者の氏名、水栓所在地、使用者番号などの顧客情報387件が記録されていた。同カード内のデータはすべて暗号化されているため、専用の端末以外で読み取ることは困難だという。

同市では、該当する顧客に対し個別に事実説明と謝罪をしている。今後は、検針用端末にパスワードを設定するなど、個人情報保護を強化する予定。

(Security NEXT - 2006/03/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

コンシューマー向けESET製品に新版 - キヤノンMJ
ハウスクリーニングのマッチングサイトに不正アクセス
日本シーサート協議会、オンラインカンファレンスを開催 - 未加盟でも参加可
ATMの取引情報を記録したCD-Rを紛失 - 北都銀
「Firefox 82」が登場 - 脆弱性7件に対応
東電会員サイトにPWリスト攻撃 - 新規会員登録の機能を悪用か
「Chrome 86.0.4240.111」が公開 - 悪用済みのゼロデイ脆弱性を修正
英政府、ロシアによる東京五輪狙うサイバー攻撃を非難 - 米司法省は関係者を6人を訴追
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、定例パッチで402件の脆弱性に対処 - CVSS基本値「9.0」以上が82件