Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2月の月例セキュリティパッチは7件 - 「緊急」2件含む

マイクロソフトは、脆弱性を解消する月例パッチを公開した。今回公開されたのは、深刻度が「緊急」とされる2件と、「重要」とされる5件の合わせて7件。

緊急とされる脆弱性は「Internet Explorer」と「Windows Media Player」に関するもので、いずれも第三者に脆弱性を攻撃されるとリモートでコードが実行されるおそれがあり、ただちに更新プログラムをインストールするよう、同社ではアナウンスしている。

「重要」とされたものは「Windows Media Player プラグインの脆弱性により、リモートでコードが実行される(MS06-006)」「WebClient サービスの脆弱性により、リモートでコードが実行される(MS06-008)」「韓国語版 Input Method Editor の脆弱性により、特権が昇格される(MS06-009)」「TCP/IP の脆弱性により、サービス拒否が起こる(MS06-007)」「PowerPoint 2000 の脆弱性により、情報漏えいが起こる可能性がある(MS06-010)」の5件。

2006 年 2 月のセキュリティ情報
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms06-feb.mspx

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2006/02/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個人向け通販「LOHACO」で不具合 - 発送メールなどに他人の個人情報
顔認証によるショルダーハッキング対策製品、マスク着用に対応
「送信ドメイン認証」導入マニュアルに第3版 - 「DMARC」導入を解説
2020年度のPマーク事業者による個人情報関連事故は2644件
Google、「Chrome 94.0.4606.81」を公開 - 脆弱性4件を修正
資源ゴミ保管場所から文書盗難、隣県路上に散乱 - 明日香村
「iOS 15.0.2」「iPadOS 15.0.2」がリリース - 悪用報告ある脆弱性に対処
Nike製アプリに脆弱性 - フィッシングに悪用されるおそれ
10月18日から「個人情報を考える週間」 - 個情委
メールサーバに不正アクセス、スパムの踏み台に - 山口県デジタル技術振興財団