Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、11月の届出情報を発表 - 拡張子でスパイウェアを見分けるよう呼びかけ

情報処理推進機構(IPA)は、2005年11月のコンピュータウイルスおよび不正アクセスの届出状況を発表した。

同発表によれば、ウイルスの検出数は前月比60.1%増となり約510万個を記録したという。原因は「W32/Sober」の亜種が急激な増加だった。検出数の1位は先月と変わらず「W32/Netsky」だったものの、11月後半に出現した「W32/Sober」の亜種が1週間で約202万個に達し2位を記録している。

スパイウェア被害が目立っており、ネットバンキングの口座情報やパスワードを盗み、金銭を詐取する不正行為が増加しているという。スパイウェアはメールの添付ファイルとして送られるケースが多いため、同機構では、対策法としてファイルの拡張子を確認するよう呼びかけている。

不正アクセスの届出件数は24件で、そのうち被害のあった件数は15件だった。被害の内訳は、侵入11件、アドレス詐称1件、その他3件だった。

情報セキュリティ全般についての相談件数は673件。アダルトサイトを閲覧した後に不正請求が行われる「振り込め詐欺」の相談増加が顕著で、10月の1.5倍以上の165件にのぼったという。

(Security NEXT - 2005/12/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Ivanti、「外部整合性チェックツールICT」の機能強化版を公開
Ivanti製品の侵害、以前のツールでは検証回避のおそれ
ランサムウェア「ALPHV」、医療分野中心に被害拡大
米司法省、ランサム「ALPHV」関連の複数サイトを押収 - 復号ツールも
「Microsoft Streaming Service」の脆弱性に対する攻撃に注意
GMO、Flatt Securityを傘下に - 株式66.6%を取得
個人情報含む書類を複数の関係機関へ誤送付 - 茨城県
「Trend Micro」の複数製品に脆弱性 - アップデートで修正
Progress Softwareの「OpenEdge」に認証バイパスの脆弱性
クラウド利用増加で標的型攻撃が進化 - 「初期アクセス」獲得阻止が重要に