Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

エンドユーザーの目線でサーバを監視 - 「ResponseTime for Web」

NetIQは、ウェブサービスの提供状況を監視する監視ツール「ResponseTime for Web 6.3」を、12月5日より発売する。

同製品は、ウェブサーバやバックエンドではなく、エンドユーザーの視点から定期的にウェブサーバの稼動状況を確認するツール。一連のトランザクションを実行することにより、ウェブサーバの動作を確認でき、ウェブサイトにおけるログインや取引など、ウェブアプリの機能が正しく実行できるか監視する。また所要時間やスピードなどのデータを取得することも可能。

設定以下のサービスレベルへ達した場合、アラートを設定可能。価格は、1ライセンス当たり50万4000円。別途保守料金が必要。

(Security NEXT - 2005/11/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「MS Edge」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性を解消
政府、アクセス制御製品の研究開発情報を募集
教委職員が個人情報含むUSBメモリを一時紛失 - 大阪市
個人情報含むメールを第三者へ誤送信 - 国交省
約29万人に振込不能メールを誤送信、アクセスが集中 - 北國銀
「Feature Toggle」のJava実装「FF4j」に深刻な脆弱性
「Apache Fineract」にパストラバーサルの脆弱性
利用客の個人情報を第三者にメール誤送信 - 長良川鉄道
採用応募書類など含むUSBメモリが所在不明に - 国立天文台
21店舗で顧客情報の紛失や誤廃棄が判明 - 福岡ひびき信金