Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

エンドユーザーの目線でサーバを監視 - 「ResponseTime for Web」

NetIQは、ウェブサービスの提供状況を監視する監視ツール「ResponseTime for Web 6.3」を、12月5日より発売する。

同製品は、ウェブサーバやバックエンドではなく、エンドユーザーの視点から定期的にウェブサーバの稼動状況を確認するツール。一連のトランザクションを実行することにより、ウェブサーバの動作を確認でき、ウェブサイトにおけるログインや取引など、ウェブアプリの機能が正しく実行できるか監視する。また所要時間やスピードなどのデータを取得することも可能。

設定以下のサービスレベルへ達した場合、アラートを設定可能。価格は、1ライセンス当たり50万4000円。別途保守料金が必要。

(Security NEXT - 2005/11/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

さよなら「Adobe Flash Player」 - 2020年末でサポート終了
前月比1.5倍のDDoS攻撃を観測 - IIJ
ハイブリッドIT環境向けMSS、SOARを活用 - 富士通
デバイス紛失にサポートする「ビジネス端末レスキュー」 - NTTドコモ
名刺交換機能に不具合、名刺情報が流出 - 東京ビッグサイト
患者情報約15万件含むUSBメモリを紛失 - 昭和大学病院
アーカイブファイル扱うPEARライブラリに脆弱性 - 「Drupal」も影響
「CentOS 6」がサポート終了 - 影響多大、動作環境ないか確認を
2020年度上半期、個情委への個人情報漏洩報告は481件
「羽生結弦カレンダー」通販サイトに不正アクセス - 詳細調査中