Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

温泉入浴中に共済の契約内容が記載された書類を盗まれる

香川県農業協同組合は、10月5日の夜にかけて、円座支店の職員が帰宅途中に温泉へ入浴、自家用車両が車上荒らしに遭い、共済契約の内容が記載された資料が盗まれたと発表した。書類はその後近くの水田にてバッグごと発見されている。

同組合によれば、被害に遭ったのは共済契約の内容が記載された組合員15名分の「共済保障点検書」。担当職員が組合員宅を訪問し、その後支店に立ち寄らず、近くの温泉で入浴していたところ車上荒らしに遭ったという。

職員はなくなっていることに気が付き、バッグを探したが発見できず、盗難届を提出。その後10月7日に現場付近にて発見され、問題となった書類はすべて回収された。同組合では、該当する組合員に対し事情説明と謝罪をするとともに、持ち出した資料は常時携帯するよう義務付けて、再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2005/10/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報含む資料を元従業員が第三者へ提供 - 日本管財住宅管理
マイナンバーのヒヤリハットや漏洩の事例集 - 個情委
「情報セキュリティ白書2021」のPDF版が公開に
コンサート当選通知に異なる宛名、データにズレ - 大阪市
Geutebrück製産業用ネットワークカメラに深刻な脆弱性
2021年2Qの標的型攻撃に関する情報共有は40件 - J-CSIP
メール誤送信で顧客のメアド流出 - 環境試験機器メーカー
小中学校配布端末でのトラブル、約2割が経験 - 加害者になってしまうケースも
アンケート回答が閲覧可能に - セラピスト向けセミナーサービス
2021年2Qのセキュ相談12%増 - 偽宅配業者SMS関連が大幅増