Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

温泉入浴中に共済の契約内容が記載された書類を盗まれる

香川県農業協同組合は、10月5日の夜にかけて、円座支店の職員が帰宅途中に温泉へ入浴、自家用車両が車上荒らしに遭い、共済契約の内容が記載された資料が盗まれたと発表した。書類はその後近くの水田にてバッグごと発見されている。

同組合によれば、被害に遭ったのは共済契約の内容が記載された組合員15名分の「共済保障点検書」。担当職員が組合員宅を訪問し、その後支店に立ち寄らず、近くの温泉で入浴していたところ車上荒らしに遭ったという。

職員はなくなっていることに気が付き、バッグを探したが発見できず、盗難届を提出。その後10月7日に現場付近にて発見され、問題となった書類はすべて回収された。同組合では、該当する組合員に対し事情説明と謝罪をするとともに、持ち出した資料は常時携帯するよう義務付けて、再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2005/10/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ネット利用者半数超、パスワード文字数「8文字以下で安全」
顧客向けの謝罪メールで誤送信 - 英製ヘアブラシ公式サイト
顧客向けメールで送信ミス、メアド流出 - フィンテック事業者
教育センターで生徒の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 新潟県
JPCERT/CC、インシデント報告などセキュリティ対策の協力者に感謝状
「パープルチーム」によるコンサルにも対応したペネトレサービス
「あなたもドコモ口座で被害」 - 警察装う詐欺電話に警戒を
「ドコモ口座」通じた不正出金、あらたに5件を確認
「Emotet」に感染、個人情報流出の可能性 - 群馬県社会福祉協議会
CODE BLUE、全講演者が決定 - 特別講演にAudrey Tang氏