Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JT、たばこ販売店29件の個人情報が記載された書類を紛失

日本たばこ産業は、9月6日に、北海道帯広市において営業活動中の社員が、たばこ販売店に関する個人情報29件が記載された書類を紛失したと発表した。

同社によれば、紛失したのはたばこ販売店の名前、住所、電話番号、商談担当者などが記載された名簿のコピー。これらの情報は、電話帳やホームページあるいは店頭などにおいてすでに公開されているため、今回の紛失による二次被害発生の可能性は低いとしている。

同社では、紛失届を提出し、主務官庁である財務省に対しても紛失の報告を行った。また、該当するたばこ販売店に事情説明と謝罪をするとともに、営業現場における個人情報保護のための業務手順を改めて徹底して、再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2005/09/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Chrome、前回リリースから3日で再度アップデート - 3件のセキュリティ修正
CSIRTの業務支援サービスを開始、フォレンジック調査も - MIND
統計調査員が調査関係書類を紛失 - 加古川市
「JAPANSecuritySummit 2022」、10月24日よりオンデマンドで開催
バッファロー29製品に脆弱性、「FREESPOT」機器も - アップデートの実施を
「Apache Tomcat」に情報漏洩の脆弱性 - 4月のアップデートで修正済み
2022年2Qのクレカ番号盗用被害、はじめて100億円を突破
「WhatsApp」に深刻な脆弱性 - ビデオ通話でコード実行のおそれ
「JPAAWG 5th General Meeting」、11月にハイブリッド開催
ダークウェブで個人情報流出を確認 - ダイナムJHD