Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセス被害の静岡新聞運営ウェブサイトが再開

静岡新聞社は、不正アクセス被害を受けた同社運営サイト「アットエス」の公開を8月29日に再開した。

同サイトは、不正アクセスを受け、ウイルスが埋め込まれるといった改ざん被害が発生。5月よりサイトを閉鎖していた。また、同サイトにおいて2004年12月24日から2005年1月4日までに会員登録者情報が約4万件の個人情報が流出する事件が発生していたことが明らかになっている。

同社では、今回のサービス再開にあたって、さまざまなセキュリティ対策を施したとしている。

(Security NEXT - 2005/08/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Salesforce」のアクセス権限設定で不備 - コナミ関連2社
メールアカウントに不正ログイン、外部宛に不審メール - 拓殖大
「障害解消」の通知装うフィッシング - アカウント確認を口実に偽サイトへ誘導
ランサムウェア「Ryuk」にワーム化した新亜種
中小規模組織向けにエンドポイント保護製品 - カスペ
高校で卒業生の健康診断票が所在不明 - 東京都
米政府、「Exchange Server」の脆弱性対応で緊急指令
ファイル取り違え、ワクチン接種予定者リストを誤送信 - 埼玉県
フィッシングURL、前月比22.9%減 - 報告は4カ月連続で3万件超
訪問代理店が顧客情報を不正取得 - ソフトバンク