Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ターゲットを特定した攻撃が増加 - トレンドマイクロ7月度レポート

トレンドマイクロは、日本国内における、2005年7月度のコンピュータウイルス感染被害報告件数マンスリーレポートを発表した。

同レポートによれば、7月のウイルス感染被害の総報告数は2295件で、6月の2490件から大きな変化はない。しかし、個々のウイルスに対しての問い合わせ数が減少していることから分かるように、ウイルス被害は不特定多数への大規模感染タイプから、特定の対象を狙った犯罪的な被害へとシフトしてきている。

特に金銭詐取を目的としたピンポイントの攻撃は、今後も増加する恐れがあるという。7月にはオンラインバンクの不正引き出し事件が発生したが、この事件では、オンラインバンクのウェブサイトで入力された口座番号やパスワードなどの情報を収集し、外部へ送信するウイルス「TSPY_BANCOS.ANM」が利用された。同ウイルスには自身をメール送信するワーム機能はないことからも、犯人がターゲットを限定していることが分かるという。

(Security NEXT - 2005/08/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

JSAC 2021の「ベストスピーカー賞」が選出 - 講演動画も公開中
ウイルス届け出、前年比73.4%増 - 「Emotet」など被害も
偽取引アプリなどで暗号資産を窃取 - 北朝鮮関与か
従業員が契約者のポイントを不正利用 - 日本生命
外出自粛期間、子どもの6割がアダルトコンテンツに遭遇
講習受講者情報がネット上で閲覧可能に - 電気工事技術講習センター
健康美容商品の卸売販売サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
「VMware vCenter Server」の深刻な脆弱性 - 悪用リスク上昇
顧客情報流出でサクソバンク証券をけん責処分 - 日証協
「VMware vCenter Server」に深刻な脆弱性 - 「VMware ESXi」の脆弱性も