Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュアード、外部から安全にサイボウズへアクセスできるUSBキーを発売

セキュアード・コミュニケーションズは、ワンタイムID双方向認証技術「SKIP9」により、外出先から安全にサイボウズ office6へアクセスできる「SKIP9for サイボウズ」を、7月29日より発売する。

同製品は、ワンタイムID生成のアプリケーションと「SKIP9」の認証鍵をUSBメモリの中に格納しており、PCに挿入するだけでサイボウズoffice6にログインすることが可能。挿入と同時に、サーバ側とクライアント側の双方でワンタイムIDを生成して双方向認証を実行するため、サーバのなりすましやフィッシングなどの不正行為を防止することができる。

また、暗証番号機能が搭載されているため、盗難や紛失時における悪用を防ぐことができる。価格は、初期費用が3万1500円。初年度ライセンス料が、5ユーザー版で5万400円。なお、初期費用および初年度ライセンス料が割引となる導入支援キャンペーンを、2005年9月30日まで実施している。

(Security NEXT - 2005/07/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

不正アクセスでスパムの踏み台に - 東松山市社会福祉協議会
ウォレットサービス「Kyash」で複数連携金融機関より不正チャージが発生
連携決済サービス12社のうち6社で被害 - ゆうちょ銀
「Adobe Media Encoder」に3件の脆弱性 - アップデートが公開
決済サービス「Bank Pay」の新規口座登録が停止 - 本人確認を強化
脆弱性「Zerologon」でドメイン管理者権限奪取のおそれ - 詳細明らかに
MobileIronのMDM関連脆弱性、PoCリリースでリスク上昇
イベント抽選結果メールで送信ミス - 北区文化振興財団
インシデント対応体制の構築を支援する演習サービス - マカフィー
データ削除済みの旧通販サイトに対する不正アクセスが判明 - ニッスイ関連会社