Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

女性タレントの画像データを無断複製して販売 - 会社員男性を送検

福岡県警と博多署は、6月8日に、有料サイトで配信されたタレントの写真を無断でCD-Rに複製し、オークションサイトを介して販売していた大阪市の会社員男性を、著作権法違反の疑いで送検した。

コンピュータソフトウェア著作権協会の発表によれば、男性は、小学館が運営する有料の会員制サイト「sabra net strictly」で配信された、タレント小野真弓さんの水着画像データを無断で複製したCD-Rを、2004年5月上旬ごろ、2人に通信販売していた。

検挙に先立って行われた男性宅の家宅捜索では、CD-Rなど21点が押収された。また、販売していた画像データは、オークションをサイトを通じて他の出品者から購入していたことを供述しているという。

(Security NEXT - 2005/06/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「障害解消」の通知装うフィッシング - アカウント確認を口実に偽サイトへ誘導
ランサムウェア「Ryuk」にワーム化した新亜種
中小規模組織向けにエンドポイント保護製品 - カスペ
高校で卒業生の健康診断票が所在不明 - 東京都
米政府、「Exchange Server」の脆弱性対応で緊急指令
ファイル取り違え、ワクチン接種予定者リストを誤送信 - 埼玉県
フィッシングURL、前月比22.9%減 - 報告は4カ月連続で3万件超
訪問代理店が顧客情報を不正取得 - ソフトバンク
「Exchange Server」へのゼロデイ攻撃、中国支援グループが関与か
市サイトで送信した画像が閲覧可能に、マイナンバーなども - 佐賀市