Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

インターネット協会、KDDIおよびボーダフォン携帯電話向けのフィルタリングシステムを公開

インターネット協会は、出会い系サイトといった携帯電話向けコンテンツのフィルタリングを実現するシステムを公開した。KDDIおよびボーダフォンに対応している。

同協会が開発したのは、携帯電話における出会い系サイトなどへのアクセス制御や、子どもへの不適切な情報をフィルタリングするためのシステムで、「SFSブラウザ」と「モバイルSFS」から構成される。

今回公開されたSFSブラウザは、KDDIの「EZweb」上で動作するEZアプリとして、またボーダフォンの「ボーダフォンライブ!」上で動作するVアプリとして開発されている。なお、NTTドコモの携帯電話向けシステムは、すでに公開されている。

また同協会では、携帯電話のフィルタリングに関するニーズを把握するため、保護者や子どもを対象としたアンケート調査を同協会のホームページ上で実施している。実施期間は2005年1月31日まで。

(Security NEXT - 2004/12/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

アジア太平洋地域の若年層対象イベント「GCC 2022 Online」、2022年1月に開催
パナソニックのサーバにサイバー攻撃 - 6月以降複数回にわたり
KDDIを偽装し、「料金未払い」などとだますSMSに注意 - 支払方法の指定が「iTunesギフトカード」
初期侵入「総当たり攻撃」と「脆弱性攻撃」で6割超 - カスペ調査
経済同友会、複数端末に不正アクセス - サーバのアラート契機に発覚
「DX」への期待、「特になし」が3割以上 - 課題は人材や予算不足
大手でCEO直属のCISOが増加 - 米国では4割超に
「ウイルスバスター for Mac」に脆弱性 - 修正を自動配信
取引先情報が登録されたスマホをタクシーで紛失 - i-Plug
Twitterが乗っ取り被害、DM履歴に顧客情報 - ホビー製作販売会社