Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウイルス受信者は減少 - インターネットコム調査

インターネットコムとインフォプラントは、ウイルス定例リサーチの7月度結果を公表した。

両社の発表によれば、メールによりウイルスを受信したユーザーは前回調査と比較し、4.3ポイント減少した。過去1カ月以内に自宅PCのメールにてウイルスを受信したユーザーは「5本以内」との回答が最多で20.3%。「51本以上」と答えたユーザーも9.3%いたという。一方、ウイルスメールと対照的にスパムメールについては、増加傾向にあるとしている。

(Security NEXT - 2004/08/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

LEDライト通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
教員アカウントに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 創価大
Zohoのアクセス関連製品に複数のSQLi脆弱性
「BIGLOBE」に見せかけ、請求メールに見せかけたフィッシング攻撃
受託事業者がメール誤送信、児童支援事業登録者のメアド流出 - 大阪府
支店で本人確認書類が所在不明に - 北海道労金
ID管理製品「Atlassian Crowd」に深刻な脆弱性
コロナ発生届を誤送信、FAX番号登録ミスで - 菊川市立総合病院
オープンソースの検索エンジン「OpenSearch」に脆弱性
米政府、ソフトウェアサプライチェーン保護のガイダンスを公開