Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPAと警察庁がIEの脆弱性を警告

マイクロソフトはIEの深刻な脆弱性を解消する7月31日にセキュリティパッチをリリースしているが、同脆弱性について情報処理推進機構や警察庁も修正プログラムを適用するよう警告を発している。

今回発見された脆弱性は、「ナビゲーション メソッドのクロス ドメインの脆弱性」「不正な BMP ファイルのバッファ オーバーランの脆弱性」「不正な GIF ファイルのダブル フリーの脆弱性」。Internet Explorer 5.01や同5.5SP2、同6に影響がある。

(Security NEXT - 2004/08/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Google、ブラウザ最新版「Chrome 108」をリリース - 複数脆弱性を修正
「Chrome」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
W杯関係者を狙うサイバー攻撃、10月より大幅増加
栄養士採用試験の全申込者受験票を1人に誤交付 - 大阪市
取引先の担当者情報含むファイルを誤送信 - リクルート
庁内資料を持ち出して店舗で誤廃棄、職員を処分 - 川崎市
LEDライト通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
教員アカウントに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 創価大
Zohoのアクセス関連製品に複数のSQLi脆弱性
「BIGLOBE」に見せかけ、請求メールに見せかけたフィッシング攻撃