Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

入力ミスで別人を死亡扱い - 住基ネット

熊本市において住民基本台帳システムの入力ミスにより、別人を死亡処理していたことが明らかとなった。

同誌職員が入力時に一文字誤って入力したため、名前がにた別人を死亡扱いとしてしまったもの。チェックを担当した別の職員も気がつかなかったという。入力ミスから1カ月後、女性からの届出により誤りが発覚、訂正された。

(Security NEXT - 2004/07/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュリティ啓発動画のコンテスト開催 - トレンド
報道機関にコロナ陽性者資料を誤ファックス - 長野県
県立高オープンキャンパス申込者のメールアドレスが流出 - 奈良県
ふぐ料理店通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出
Windowsのゼロデイ脆弱性、開発会社狙う攻撃で発見 - 検体公開後は試行増加
CMSの「Drupal」に5件の脆弱性 - アップデートがリリース
「Apache Tomcat」にDoS攻撃受けるおそれ - 3月の更新で修正済み
アップデートでルータにセキュリティ機能を追加 - アライドテレシス
脅威情報を活用してC&C通信を検知するSaaS型サービス
応募企画を実現、セキュリティコンテスト「SECCONCON」開催