Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日立、秘密分散法を適用した情報漏洩防止製品を発表

日立製作所は、秘密分散法を利用した情報漏洩防止ソリューション「モバイル割符」を発表した。

「モバイル割符」は、秘密分散法により情報を保存する仕組みで、セキュリティを確保。ファイルやフォルダーを暗号化した後、物理的にPCのローカルフォルダーとUSBフラッシュメモリにファイルを分割して保存するため、それぞれのデータがないとデータの閲覧、変更、コピー、削除が行えない。

従来は、データを暗号化するのみだったが、同ソリューションでは、システムファイル以外のプログラム、ファイルを含むフォルダすべての暗号化を実現している。

(Security NEXT - 2004/07/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

違反取締計画が流出、複数SNSに投稿 - NEXCO西日本
巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因
支援学校で生徒の一部教育支援計画が所在不明に - 大阪府
ランドブレインのランサム被害、総務省3事業でも個人情報流出の可能性
メールアカウントに不正アクセス、情報流出の可能性も - デンヨー
ツール設定ミスで採用関連の個人情報を誤公開 - ソフト開発会社
一部顧客情報が流出、委託先の中継サーバで窃取 - ホテルサンルート台北
児童データの移行でメールの誤送信が発生 - 北広島市
「Cisco SD-WAN vManage」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
一部シスコ製小規模向けVPNルータに深刻なRCE脆弱性