Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

静岡コンピュータサービスから情報漏洩 - 派遣社員による内部犯行

静岡銀行グループの静岡コンピューターサービスは、同社顧客情報が流出したことを明らかにした。派遣社員が不正アクセスにより入手した情報を悪用したものだという。

同社に依れば、犯行を行った派遣社員は、2002年12月10日から2003年2月7日まで勤務していたという。警察の捜査では、72件が流出しており、内容も特定できているという。

(Security NEXT - 2004/05/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

政府行政ポータル「e-Gov」で個人情報が流出 - リニューアル後に複数不具合
特典発送で委託先が宛名シールを二重貼り、個人情報流出 - LINE
ランサム感染で顧客プログラム資産が流失した可能性 - システム開発会社
Xeroxの「DocuShare」に複数の脆弱性 - ホットフィクスをリリース
キャッシュレス決済連携でガイドライン - 全銀協
DNSサーバ「NSD」「Unbound」に脆弱性 - アップデートが公開
VMware製品の未修正脆弱性、パッチが公開に - CVSS値は下方修正
Synology製の複数製品に深刻な脆弱性 - 一部はパッチ未提供
eコマースシステム「EC-CUBE」に2件の脆弱性
13名に5億円? 「新コロ特例給付金」とだます偽メール - 今度は財務省を偽装