Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Chrome 84」をリリース、38件のセキュリティ修正を実施

Googleは、ブラウザの最新版「Chrome 84」をリリースした。機能強化のほか、深刻な脆弱性に対応したという。

今回のアップデートでは、アプリアイコンのショートカット機能や画面が暗くなったり、ロックされないようにする「ウェイクロック」といった新機能を搭載。さらに38件のセキュリティに関する修正を実施した。

脆弱性については、CVEベースで26件に対処したことを明らかにしている。重要度が4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性は1件で、「バックグラウンドフェッチ」においてヒープバッファオーバーフローが生じる脆弱性「CVE-2020-6510」を修正した。

さらに重要度が1段階低い「高(High)」とされる脆弱性7件をはじめ、「中(Medium)」の脆弱性8件、「低(Low)」の脆弱性10件を解消している。

同社は利用者に対し、数日から数週間以内に同バージョンを展開していく。今回修正した脆弱性は以下のとおり。

CVE-2020-6510
CVE-2020-6511
CVE-2020-6512
CVE-2020-6513
CVE-2020-6514
CVE-2020-6515
CVE-2020-6516
CVE-2020-6517
CVE-2020-6518
CVE-2020-6519
CVE-2020-6520
CVE-2020-6521
CVE-2020-6522
CVE-2020-6523
CVE-2020-6524
CVE-2020-6525
CVE-2020-6526
CVE-2020-6527
CVE-2020-6528
CVE-2020-6529
CVE-2020-6530
CVE-2020-6531
CVE-2020-6533
CVE-2020-6534
CVE-2020-6535
CVE-2020-6536

(Security NEXT - 2020/07/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Ciscoの複数ネットワーク管理製品に深刻な脆弱性 - 認証回避や遠隔操作のおそれ
IoT機器で広く採用される「Treck TCP/IP Stack」に深刻な脆弱性
米政府、中国関与「Taidoor」の新情報 - セキュ製品未検知の亜種も
横河電機の制御システム向けアラーム管理ソフトに複数脆弱性
FWルールを自動生成する産業制御システム向けルータ - フエニックス
「SKYSEA Client View」に脆弱性 - 緊急対応を
攻撃グループ「Tick」、資産管理ソフトへの脆弱性攻撃を継続 - 標的型攻撃も
介護予防事業で同意書など紛失、投函するも見当たらず - 神戸市
開示資料の墨塗り部分に個人情報、強い光で判読可能に - 和歌山市
3月に国内ホストのフィッシングサイトが急増 - RSA