Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Ciscoのセキュリティ管理製品に深刻な脆弱性

Cisco Systemsが提供するセキュリティ製品の管理ソリューション「Cisco Firepower Management Center(FMC)」に深刻な脆弱性が含まれていることがわかった。

同製品のウェブ管理画面において認証を回避される深刻な脆弱性「CVE-2019-16028」が明らかとなったもの。LDAP認証する際の応答処理に起因する脆弱性だという。

LDAPを介した外部認証が有効な場合に脆弱性を悪用されるおそれがあり、管理画面より不正な操作が行われるおそれがある。

共通脆弱性評価システム「CVSSv3」における基本スコアは「9.8」と高く、「クリティカル(Critical)」とレーティングされている。

同社では脆弱性を修正した「同6.4.0.7」「同6.5.0.2」をリリースしたほか、「同6.1.0」「同6.2.3」「同6.3.0」「同6.4.0」向けに修正パッチを提供している。

20200123_cs_001.jpg
修正版の提供予定やパッチのリリース状況(表:Cisco Systems)

(Security NEXT - 2020/01/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

三菱電機の一部制御システム製品に「URGENT/11」の脆弱性
複数の脆弱性に対処した「PHP」のアップデートが公開
「Adobe Media Encoder」などに深刻な脆弱性 - 定例外で更新
NEC製の一部ルータにroot権限でコマンド実行されるおそれ
VMwareの「vRealize Operations for Horizon Adapter」に深刻な脆弱性
ABBの発電所向け資産管理製品に脆弱性
WPプラグイン「Easy Property Listings」にCSRF脆弱性
「Adobe Framemaker」に深刻な脆弱性 - 適用優先度は低設定
Lenovo製インフラ管理ソフトに情報漏洩のおそれ
ウェブアプリフレームワーク「Django」に深刻な脆弱性