Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

木工ワークショップのウェブサイトが改ざん被害

平成建設は、同社が提供する木工ワークショップ「netsugi cafe」のウェブサイトが不正アクセスを受け、ゴールデンウィーク中に一部改ざんされていたことを明らかにした。

同社によれば、同サイトが不正アクセスを受け、4月27日から5月7日12時にかけて、一部が改ざんされたもの。

同社では、被害を受けたサーバから不正なプログラムを削除し、5月7日15時半に復旧したという。

今回の改ざん被害を受け、同社は期間中に同サイトへアクセスした利用者に対し、マルウェアの感染の有無についてチェックするよう呼びかけている。

同社はこれまでも、暮らしやインテリアに関するコラムを掲載しているウェブサイト「NOYIE」についても、同じ機関に不正アクセスで一部改ざんされていたことを5月に公表している。

(Security NEXT - 2019/06/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

委託業務の電話勧誘で録音改ざん、管理者指示で - りらいあ
ファッション通販サイトへの不正アクセス、流出件数修正
サイトが改ざん被害、外部サイトへ誘導 - ロボット開発会社
「お名前.com」管理ツールに脆弱性、顧客2件で不正アクセス
コインチェックのドメイン管理に不正アクセス - 改ざんで顧客メール窃取か
コインチェック、情報流出懸念の対象件数を修正 - 送金サービスを再開
ビットバンクでもドメイン情報改ざん - 取引所とは別ドメイン
露APTグループがメールサーバに脆弱性攻撃 - 米政府が注意喚起
不正アクセスで個人情報流出か - 経団連事業サービス
サイトの「問い合わせフォーム」を悪用する攻撃に警戒を