Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「VMware Horizon」に脆弱性 - 内部のドメインやサーバ名など漏洩のおそれ

「VMware Horizon」に情報漏洩の脆弱性が含まれていることがわかった。同社では修正パッチを提供している。

「VMware Horizo​​n Connection Server」に情報漏洩の脆弱性「CVE-2019-5513」が存在することが明らかとなったもの。

脆弱性を悪用することにより、内部のドメイン名や同製品のサーバ名、ゲートウェイにおける内部IPアドレスといった情報を取得されるおそれがある。

同社では、脆弱性の重要度を4段階中3番目にあたる「中(Moderate)」とレーティング。修正パッチとなる「同7.8+KB67424」「同7.5.2+KB67401」「同6.2.8+KB67401」をリリースしている。

(Security NEXT - 2019/03/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Firefox 73」が登場 - 脆弱性6件を修正
MS、月例パッチで脆弱性99件を解消 - ゼロデイ脆弱性も修正
「Adobe Acrobat/Reader」にアップデート - 脆弱性17件を解消
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
Cisco製OSやVoIP製品などに脆弱性「CDPwn」が判明 - 数千万台に影響か
「Adobe Acrobat/Reader」に脆弱性 - 更新は11日に公開予定
「Ghostscript」にRCE脆弱性 - 最新版では修正済み
富士ゼロックスのプリンタ管理ツール関連で2件の脆弱性
「SpamAssassin」にセキュリティリリース - 脆弱性2件を修正
「Chrome 80」がリリース - セキュリティ関連で56件の修正