Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

紙相撲の駒に個人情報、不注意で - 児童向けデイサービス

障害を持つ児童向けのデイサービスを提供しているキッズサポートりまは、地域交流イベントで実施した紙相撲の駒に、施設利用者などの個人情報が記載された紙を使用していたことを明らかにした。

同施設によれば、10月6日に開催した地域交流イベントで実施した紙相撲の駒を、施設利用者などの個人情報が記載された紙を用いて作成していたという。

施設利用者や保護者から指摘があり、12月11日に問題が判明。職員の不注意が原因だったという。

同団体では職員や管理者に対し、処分を行う方針。また、監督者である東京都や墨田区に対し、事故の報告を行っている。

(Security NEXT - 2018/12/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール誤送信で顧客のアドレス946件漏洩 - リハコンテンツ
デイサービス利用者の個人情報含む書類を紛失 - 横浜市の地域ケアプラザ
子供デイサービスでメール誤送信、登録者のアドレスや児童の氏名が流出 - 宇治病院
名簿を車上に置き忘れ発車して紛失 - 北九州市のデイサービスセンター