Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

開発から運用まで保護するコンテナ向けセキュリティ製品 - クリエーションライン

クリエーションラインは、イスラエルのAqua Security Softwareが開発するコンテナ向けセキュリティ対策ソリューション「Aqua Container Security Platform」を提供開始した。

20181025_cl_001.jpg
記者会見に登壇したクリエーションライン代表取締役社長安田忠弘氏(画面左)とAqua Security SoftwareのEric Gold氏(同左) 

同ソリューションは、コンテナの開発から運用までカバーするセキュリティ対策ソフトウェア。イメージに含まれる脆弱性、混入したマルウェア、トークンや秘密鍵のハードコードなど、イメージ内に問題がないか検索することが可能。

またコンテナの運用にあたっては、コードインジェクションやアクセス権限の不正利用など検知し、情報流出を防止。挙動のホワイトリストを用いることで未知の攻撃にも対応できるとしている。

オーケストレーター「Kubernetes」をネイティブでサポート。「AWS Fargate」といったサーバレス環境も含め、主要なコンテナプラットフォームに対応している。

同社は、運用にあたって開発支援や技術サポートを提供。直販のほか、販売パートナーであるソフトバンク コマース&サービスを通じて製品を展開する。年間利用料は、1ノードあたり30万1320円。

(Security NEXT - 2018/10/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Docker」設定ミス狙う攻撃に注意 - マルウェア感染のおそれ
定義ファイル非依存の標的型攻撃対策製品市場、前年比29.9%増 - 今後も高成長との予測
ウェブ分離をクラウドサービスで提供 - アイテック阪急阪神
パブリッククラウド向けリスク可視化サービス「Evident」 - パロアルト
MS、EOL迎える53万台超の「WS 2008」を1年半後には「ゼロ」目指す - Azure再ホストなら3年間パッチ無料
サーバレス環境を提供する「Apache OpenWhisk」に脆弱性
「Cisco DNA Center」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
「hcsshim」に脆弱性、MSが定例外パッチ - 5月9日にPoCが公開予定
主要メーカー「CPU」に脆弱性、データ漏洩のおそれ - クラウド含む幅広い環境へ影響
「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中