Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報を不正利用した職員を懲戒処分 - 佐賀東部水道企業団

佐賀東部水道企業団は、業務で得た個人情報を不正に利用した職員に対し、停職4カ月の懲戒処分を行った。

同団体によれば、三養基営業所の職員が、2017年12月29日に飲食店で働く従業員の女性に対し、職務上入手した個人情報を使用し、連絡を取ったという。1月4日に女性から連絡があり問題が発覚した。

同企業団ではこの問題を受け、同職員に対して停職4カ月の懲戒処分を実施。また指導監督が不十分だったとして、担当所長を戒告、担当所長補佐兼係長を文書訓告とした。また同団体企業長についても給与の減額措置を実施する。

(Security NEXT - 2018/01/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客情報含む書類を紛失、誤廃棄の可能性 - 北星信金
顧客情報含む伝票5469枚の所在わからず - 静岡中央銀
元従業員が店舗でクレカ情報を窃取、通販に使用 - セキ薬品
メールアカウントが不正アクセス被害、スパムの踏み台に - システム開発会社
顧客情報含むポイントカードの申込書を紛失 - レデイ薬局
顧客情報含む伝票綴りを紛失、誤廃棄か - 鹿児島相互信金
印影など含む伝票綴りを紛失 - 大分銀
アサヒ軽金属のネットショップに不正アクセス - 最大7.7万件のクレカ情報が流出か
個人情報含むノートPCを都内で紛失 - 講談社
小学校で児童の個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 橿原市