Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本CA、特権アクセス管理ソリューションを国内向けにリリース

日本CAは、ハイブリッド環境へ対応した特権アクセス管理ソリューション「CA Privileged Access Management(PAM)」の国内販売を開始する。

同製品は、クラウドやオンプレミスなど、ハイブリッド環境に対応する特権アクセス管理ソリューション。

2016年に買収したXceediumの特権ID管理ソリューションをベースとしており、買収直後より米国にて同製品を展開してきたが、最新の「同3.01」より国内展開を図る。

管理コンソールおよびAPIを提供。特権IDに関する認証の一元化、シングルサインオン、IDフェデレーション、ロールベースのアクセス管理、監査ログの取得などに対応。冗長化した場合、4000セッションを同時録画が可能だという。

VMware NSXおよびAWS向けにイメージを提供。またオプションとして行動分析より脅威を検出する「CA Threat Analytics for PAM(TAP)」を用意している。

価格は、最小構成で200万円ほどを想定。同社では今後3年間に1000社への導入を目指して同製品を提供していく。

(Security NEXT - 2017/10/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

NRIセキュア、特権ID管理製品に新版 - 自動遮断やマルチテナントに対応
NRIセキュア、特権IDアクセス管理をSaaSで提供
DIT、プログラムファイルに記載された特権IDやPWの漏洩防ぐ新製品
dit、特権アカウントの不正利用防止製品の新版
CyberArk製の特権アカウント監視製品を発売 - dit
NRIセキュア、特権IDアクセス管理ソリューションに新オプション
NSWとエンカレッジ、特権ID管理をクラウド提供
CA、特権ID管理ソリューションのXceediumを取得
NRIセキュア、特権ID管理に個人情報の持出検知機能
エンカレッジ、クラウド型の特権ID管理サービスを提供