Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アカウントロックで脅す「偽Apple」に注意 - メール件名に複数のバリエーション

「Apple ID」の利用者を標的にしたフィッシング攻撃が確認されたとして、関係機関では注意を呼びかけている。

フィッシング対策協議会によれば、今回確認されたフィッシング攻撃は、利用者のアカウント情報に不備があるかのように説明し、24時間以内にアクセスする必要があるなどとして、誘導先の偽サイトで情報をだまし取る手口。

20161201_ap_001.jpg
アカウント情報を送信後、別のページへ誘導。さらなる情報の詐取が行われる(画像:フィ対協)

メールの件名には、「誰かがあなたのアカウントを使用しようとしていると思われま」「アカウントがロックされます!」「アップルIDがロックされました。」など、同協議会が把握しているだけですでに7種類にのぼっている。

また本文では、利用者のアカウント情報に不備があるかのように説明。24時間以内にアカウント情報を確認する必要があるなどと不安を煽っていた。自動翻訳などを使用して作成されたと見られ、不自然な日本語の言い回しなども含まれる。

本文中には「マイアカウント確認」としてリンクが記載されており、クリックすると偽サイトに誘導される。誘導先の偽サイトでアカウント情報を入力すると、別のページに遷移。さらに氏名や住所、電話番号のほか、クレジットカード情報などもだまし取ろうとする。

12月1日9時半の時点で稼働が確認されており、同協議会ではサイトのテイクダウンに向けてJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼した。

(Security NEXT - 2016/12/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

10月のマルウェアメール、7カ月ぶりに減少 - 新種マルウェア5000万件割る
「会員情報変更」を装う偽楽天メール、11月6日ごろより増加
偽bitFlyerによるフィッシング攻撃 - 「アカウント凍結」で不安煽る
10月のフィッシング報告は982件 - 「Apple」関連が7割
LINEを装う「雑な」フィッシング攻撃が発生
「アカウントで利用規約違反」と不安煽る偽Amazonに注意
Apple装うフィッシングが再発 - 「Apple IDをロック」とだます手口
マルウェア感染メールの割合が6カ月連続増加 - 「Locky」の拡散も
2017年3Q、「ウェブ改ざん」が大幅減 - 「フィッシング」「マルウェアサイト」は増加
「Apple IDが10月13日に失効」と不安煽るフィッシング攻撃に注意