Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アカウントロックで脅す「偽Apple」に注意 - メール件名に複数のバリエーション

「Apple ID」の利用者を標的にしたフィッシング攻撃が確認されたとして、関係機関では注意を呼びかけている。

フィッシング対策協議会によれば、今回確認されたフィッシング攻撃は、利用者のアカウント情報に不備があるかのように説明し、24時間以内にアクセスする必要があるなどとして、誘導先の偽サイトで情報をだまし取る手口。

20161201_ap_001.jpg
アカウント情報を送信後、別のページへ誘導。さらなる情報の詐取が行われる(画像:フィ対協)

メールの件名には、「誰かがあなたのアカウントを使用しようとしていると思われま」「アカウントがロックされます!」「アップルIDがロックされました。」など、同協議会が把握しているだけですでに7種類にのぼっている。

また本文では、利用者のアカウント情報に不備があるかのように説明。24時間以内にアカウント情報を確認する必要があるなどと不安を煽っていた。自動翻訳などを使用して作成されたと見られ、不自然な日本語の言い回しなども含まれる。

本文中には「マイアカウント確認」としてリンクが記載されており、クリックすると偽サイトに誘導される。誘導先の偽サイトでアカウント情報を入力すると、別のページに遷移。さらに氏名や住所、電話番号のほか、クレジットカード情報などもだまし取ろうとする。

12月1日9時半の時点で稼働が確認されており、同協議会ではサイトのテイクダウンに向けてJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼した。

(Security NEXT - 2016/12/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「W杯」便乗のサイバー攻撃に注意を - 選手の検索結果に危険が潜む場合も
LINEら4社が「サイバー防災訓練」 、テーマは「フィッシング詐欺」 - アルコ&ピース平子祐希さんも登場
わずか6グループで偽ショッピングサイト2万件を設置 - APWGも脅威として定義追加へ
教職員29アカウントが乗っ取り被害、メール3500件を攻撃者へ転送 - 横浜市立大
2段階認証の設定に見せかけた「LINE」のフィッシングが再度発生
2017年のフィッシング報告は前年から減少 - 誘導先URLは1.7倍に
偽Appleのフィッシングメール、偽Amazonに誘導 - 攻撃者のミスか
フィッシング報告数が2700件と高水準 - 「Apple」関連が約65%
「フィッシング対策ガイドライン」2018年度版が公開
「カードが虐待されている」? - セゾンカード装うフィッシング攻撃に注意