Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

3割超がランサムウェア被害に楽観的 - 「有名企業以外狙われない」との誤解も

企業や組織におけるIT担当者の3割超が、自組織がランサムウェアの被害に遭う可能性がないとの認識を持っていることがわかった。「大企業や有名企業のみが狙われる」との誤った認識から楽観的に捉えているケースも多いという。

トレンドマイクロが、企業や組織のIT施策において意思決定へ関与する人物を対象に、ランサムウェアに関する意識調査を6月にインターネットで実施したもの。534人が回答した。

同調査によれば、「自組織がランサムウェアの被害に遭う可能性があるか」尋ねたところ、「思う」との回答は65.2%にとどまり、34.8%は、「思わない」と回答した。

20160801_tm_003.jpg
被害に遭う可能性がないと考える理由(グラフ:トレンドマイクロ)

誤った認識からランサムウェアの感染被害を楽観視していると見られるケースも目立つ。

ランサムウェアは、メールやウェブサイトの改ざんなどを通じて感染活動を無差別に展開しており、あらゆる組織が攻撃を受けるおそれがあるが、被害に遭う可能性がないとする理由を、「自社は大企業または有名企業ではないから」とする回答が45.7%と半数近くにのぼったという。

また「これまでにランサムウェアの攻撃を受けたことがない」ことを理由に挙げるケースも36.6%と少なくなかった。

(Security NEXT - 2016/08/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュ投資少ない企業、インシデント潜在化のリスク
中堅企業4社に1社、直近3年間にセキュ事故経験
2019年のマルウェア届出は259件 - 18件で被害
2割弱の中小企業が被害経験 - 「攻撃対象となる可能性高い」6.2%
IPAが「10大脅威2020」を発表 - 「内部不正」「IT基盤の障害」など順位上昇
2018年「セキュリティ10大脅威」 - 注目高まる「サプライチェーン攻撃」
10月は「Emotet」が急増 - 3カ月間の休止経て
インシデント調査の26%がランサム被害 - 詳細調査で3割強よりAPT痕跡
新種ランサム118%増、再流行の兆候 - PowerShellマルウェアは5.6倍に
2019年上半期の攻撃、前期の3倍以上に - F-Secureまとめ