Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2015年は1673件の情報漏洩が世界で発生 - 7億700万件のデータが被害

2015年にワールドワイドで、少なくとも1673件の情報漏洩事故や事件が発生し、7億700万件以上のデータが流出したことがわかった。

ジェムアルトが独自に調査した結果を取りまとめたもの。漏洩の原因を見ると、悪意ある外部者が964件で、情報漏洩事例全体の58%を占めた。紛失などの事故が36%、悪意ある内部者が14%と続いた。また国家の支援と見られる事件は全体の2%だが、漏洩したデータの件数ベースでは、全体の15%を占めたという。

漏洩したデータの種類を見ると、事件ベースでは個人情報が53%と約半分にのぼり、データ件数ベースでも40%と最多。業種に関して漏洩データ件数ベースで見ると、米国とトルコで大規模な情報漏洩が発生したため、43%は政府機関経由で漏洩したものだった。また医療業界も23%と少なくない。

地域別に見ると、漏洩事件の77%が北米で発生し、欧州は漏洩事例の12%、アジア太平洋地地域が8%だった。漏洩したデータの59%を米国が占めたという。

(Security NEXT - 2016/03/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2016年の漏洩データは14億件、前年比86%増 - Gemaltoまとめ
「個人情報を家族や友人にばらす」 - 金銭要求する脅迫メール
「Vプリカ」のフィッシング - 情報漏洩と不安煽って偽サイトへ誘導
2015年の情報漏洩インシデントは799件 - JNSAまとめ
店舗情報6116件や会員情報62万件の流出があらたに判明 - GMOメイクショップ
標的型攻撃の大幅増加、「ばらまき型」に起因 - ただし巧妙な攻撃も増加傾向
「埼玉りそな銀」装う「こんにちは!フィッシング」 - 偽「りそな銀」から流用?
アカウント情報を騙し取る楽天銀行の偽サイトに注意を
【税理士×Security NEXT】マイナンバーを扱う現場の課題とセキュリティ対策 第1回マイナンバー制度、ピークを迎えるのは……
全世界で情報漏洩は10億件超に - ベネッセ事件の深刻度は6番目