Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

横河レンタ、PC上にデータを保存しないソリューションの新版

横河レンタ・リースは、パソコン上へデータを保存しない「Flex Work Place Passage」の最新版を提供開始した。

同ソリューションは、すべてのデータを外部のクラウドやファイルサーバに保存することで、パソコンのローカル環境へデータを保存しない環境を実現するもの。

最新版となる「同Ver.2.0」では、OS領域の隔離を実現。ユーザーによる通常操作だけでなく、不正プログラムによるローカルHDDへのデータ書き込みを禁止できる。ローカルハードディスクに保存が必要なデータについては暗号化で保護する。

買い取りライセンスの価格は、ベースライセンスが1顧客あたり37万4000円。ユーザーライセンスが1ユーザーあたり1万2000円。レンタルライセンスは1ユーザーあたり月額780円。同社では、2017年度までの3年間に5万ユーザーの導入を目指して展開していく。

(Security NEXT - 2016/02/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
ハイブリッド環境対応の上位版MSSを開始 - テクマトリックス
ウェブフィルタリング製品に新版、クラウドサービスも- キヤノンMJ
マカフィーとソフバンテク、「CASB」のMSS展開で協業
安全なデータ利活用の企業実態について報告書 - IPA
パロアルト、AI活用でセキュリティ業務を簡素化するプラットフォーム
Facebook上で収集されたデータ5.4億件がネット上に - 指摘するも3カ月以上放置
個人の半数がデータ消失経験 - 1割はバックアップせず
Androidマルウェア、検知数が 前年比約1.7倍に - 新種ランサムは9分の1
不正送金マルウェア「Ursnif」、日本を集中攻撃 - 金融機関以外も標的に