Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

草薙素子が君をスカウト? IPAが攻殻機動隊とコラボ

情報処理推進機構(IPA)は、セキュリティ分野に強い人材の育成や確保に向け、SF作品「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」とコラボレーションしたポスターによる普及啓発キャンペーンを実施する。

20160121_ni_002.jpg
IPAのポスター

同機構では、2016年度より国家試験「情報セキュリティマネジメント試験」を実施する予定だが、同試験の活用促進などを目指し、サイバーセキュリティ月間にあわせてコラボレーション企画を展開するもの。

内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)も「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」とのタイアップポスターを展開しているが、異なるデザインとなっており、優秀な人材に呼びかける内容となっている。

また今後は同作品とのコラボレーションによる特設サイトやマンガの配信など実施する予定で、JNSAより公開する予定。

「攻殻機動隊」は、1989年に発表された士郎正宗氏によるマンガ作品で、テレビアニメや映画などマルチメディアに展開。作中では、近未来を舞台にサイバー犯罪対策組織「公安9課」のリーダーである草薙素子を中心にサイバー犯罪との戦いを描いている。

(Security NEXT - 2016/01/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

攻殻機動隊の「タチコマ」が不正サイト接続をブロック - 「WarpDrive」実証実験がスタート
攻殻機動隊コラボの女性限定CTF、「CODE BLUE」で開催
分散エージェントの並列化で成長 - ウェブ攻撃対策ソフトの開発プロジェクト「WarpDrive」が始動
NISCとVRMMOアニメ「SAO」がタイアップ - IPAも採用か
10月に都内で「攻殻機動隊REALIZE PROJECT×SECCON CTF for GIRLS」を開催
「攻殻機動隊」読み切りマンガ作品を無償公開 - JNSA
NISCと「攻殻機動隊」がタイアップ、啓発ポスター展開
NICT、攻殻機動隊の世界観目指したCTF可視化エンジンを開発